純夏と回想と僕

その土地の建物。その土地の食べ物。その土地の道路。その土地の言葉。
そういったもの全てをひっくるめたその土地独自の雰囲気。
故郷とは、やっぱりいいものである。

いろいろな思い出なり記憶が、その街のいたるところに染み付いていた。
ずっとそこに住んでいる人には分からないかもしれないが、地元というものは思っている以上にいいものだ。

今回の松山滞在では、そのように感じた。
それにしても暑かった。夏はこうじゃないと。
東京とか横浜に比べたら松山は何もないけど、それでもええとこやと思う。
皆さん、一度はいらしてねん。

昨日からその松山から福岡に移動。
何しよかな。何しよかな。
とりあえず、台風をやり過ごさないとな。直撃しそうです。



話は変わって。
15日に小泉首相が、21年ぶりだかなんだかに終戦の日に靖国神社を参拝したそうな。
国内はもとより、国外でも大きな波紋を呼んでましたね。
その是非をアンケート取ったりしちゃって。
まぁ、百人百様の考え方があるから明確な答えなんか出るわけないよね。
それよりも、小泉さんは大きな波紋を呼ぶこと分かってて参拝したよね。しかも、終戦の日に。
これは、よほどの覚悟だったり頑なな意思だったりがない限り、できることではないと思うの。
みんなはもっと小泉さんのそこを評価してあげてもいいんじゃないかな、と思う僕。


安西先生は言う。
「山王に勝つには断固たる決意が必要です」と。
[PR]
by rrrrryooooo0727 | 2006-08-17 21:50 | 独り言
←menu