キャラという他者評価

これは本当に一長一短だ。「時と場合だよ」と言われたが、僕はその使い分けが上手くできない。どんなときもキャラを崩さずにいこうと思う僕は傲慢だろうか。放漫だろうか。
最近、さすがの僕もそのキャラの使い分けをしようと試みるが、染み付いたキャラはなかなか拭い切れない。と言うか、自分の意に反して一人歩きをしだすし、挙句の果てにはそのキャラを押し付けられた上で話がすすめられる。非常にやっかいだ。どうすればいいのだろう?
残された道は逆ギレくらいしかないかな?と思い始めている。
それにしても、様々なことにおいて僕の非は人から見てなんて見つけやすいんだろう。諭されているみたいであまりいい気はしないが、大事なのはそれを聞き入れる素直な気持ちだろう。
後悔ではなくて反省をしなくてはいけない。
未熟な僕にとっては容易なことではないが、やらなくてはいけないことだ。
[PR]
by rrrrryooooo0727 | 2006-12-14 16:29 | 独り言
←menu