ふと思ったのですが

先ほど、TXの番組を観ていると、日本電産(だっけ?)の永守(だっけ??)社長が出ていました。この方はなんでもM&Aの神様と呼ばれているらしく、非常に優れた御方らしいです。番組中でそのすごい人が「最近の若者はほらを吹く者が少ない」「『ほら』の時点では根拠のない空想に過ぎないが『夢』となった時点でそれは叶えられるものだ」とおっしゃっていました。なるほどね。そしてその御方は幼い頃には既に「将来は社長になる」という夢(叶えられるもの・達成できる目標)を抱いていたらしいです。
なぜ急にこんな話をするかと言うと、僕はたまたま今、ソフトバンクの孫正義社長の本を読んでいて、孫さんも幼い頃に「日本一の事業主になる(なれる)」と考えていたらしいのです。2人に共通することは、「やると決めたことをとことん追求する」という点です。それはそれで素晴らしいのですが、僕から言わせるとそれは単なるエゴの押しつけで、百人百様の人々には響かない言葉です。生まれ持った人間性に依るところが大きいと思ってしますのです。
だから、こういうお偉い方の話は学ぼうとしてはいけないと思いました。あくまでも、参考程度、です。学ぼうとしてる人ばっかだから似たような考え、似たような生き方、つまるところ、日本人なんだろうな、と思ったわけです。アメリカになれとは全く思わないけど、それじゃ日本は日本を超せないままだろうなぁ。
なーんて思ったところで、おしまい。
[PR]
by rrrrryooooo0727 | 2008-05-27 00:28 | 独り言
←menu