秋の夜長に

思うことがあって、友達や知人の「確固たる信念」やそれを「実行できる行動力」を知ると、とてもかっこいいと思うし、羨ましいし、同時に僕の弱さに嫌気が差す。「お前にそれができるか?」と聞かれると、僕の答えは“NO”だ。僕がそれをやろうとすると、きっと辛くなって現実から逃げてしまおうとするに違いない。現に逃げている。けれど、逃げていても、それはそれで疲れる。逃げていても楽になるわけではないし、むしろ悪質な疲れが溜まる一方である。どうせ疲れるなら立ち向かっていった方がずっといいのだろう。
そんなことは分かってる。頭では分かっている。
今回の壁は、弱気になってしまうほど、ちょっと高いなぁ、である。
[PR]
by rrrrryooooo0727 | 2008-10-27 02:24 | 独り言
←menu