2007年 09月 10日 ( 1 )

今の居酒屋で働きだして3年が経つけど、最近になってようやく働くという面で成長できたかな、と思いだしました。目に見える仕事ぶりではなくて精神面で、です。その中身を簡単に言うと、忙しい中でも心にゆとりを持てるようになったということです。言葉に表すと簡単なことのようだけど、それを実行するのは僕にはそう容易なことではありません。新人の頃は指示通りに動くだけで良かったけど、今は指示を出す立場にあります。売上の向上とサービスの質の向上を両立させるために指示を出し、かつ、その中で自分もそれを実行しなければなりません。僕は必ずしもサービスの質だけを向上させることが売上増加に繋がるとは思ってません。回転率だったりの問題もあるからです。無理なものは無理だしできるものはできる。臨機応変。あと、バランスです。そんな中で余裕を持てなくなり、あとは単純に忙しいあまりイライラしたりで、自分でもたいした仕事ができてないな、と感じてました。長くやってれば誰でもできるよ、という感じです。けど、何かの拍子に一線を越えると、開き直ったように仕事に取り組めるようになりました。売上や店が回っているかどうかは当然大前提にあるけど、やっぱりお客さんに楽しんでもらいたいし、また来てもらいたいし、それが僕にまた会いに来てくれるなら最高だし、そんなお客さんを一人でも多く増やしたいしで、3年目にしてやっと接客らしい接客を思うだけでなく実行できるようになってきたかな、と思います。そう思えるようになったからゆとりができたのか、ゆとりができたからそう思えるようになったのかは分からないですが。そんな精神的な変化ってやっぱりお客さんにも伝わるもんですね。以前にも増してお客さんと話す機会が多くなりました。話しかけてくれます。料理食べさせてくれます。作り笑顔は所詮作りものです。そんなこんだで、あと半年、まだ楽しめるように精進しなければなりません。

余談ですが、最近、3年以内に仕事を辞めてしまう人が多いけど、やっぱ何事も3年目からかなと思ったりもします。


とにもかくにも、激動の3連勤終了。幸せ。
[PR]
by rrrrryooooo0727 | 2007-09-10 06:28
←menu