カテゴリ:就職活動( 11 )

履歴書を書き上げた。自分で書いておいて言うのも何だが、なかなか会心の出来っぷりだ。特に趣向を凝らしたわけでもなく全て字での作成だが、僕にしては集中して書き上げた。その出来ばえというか力の入れ具合も評価してあげたいのだが、一番評価してあげたいのは、昨日の寝不足からくる睡魔の超大群に飲み込まれそうなのに、こんな時間から郵便局に向かう僕自身だ。もちろんランで。
前にもちょうどこのくらいの時間帯に学校からランして帰ったが、割とこの時間の外の雰囲気は好きだ。空とかすげー綺麗。皆さんもぜひ機会があれば。ランを。


                                             ※ラン=「走る」の意。
[PR]
by rrrrryooooo0727 | 2007-03-12 05:44 | 就職活動
始めに言っとくよ。
今日は就職活動の話だ。もろに。
ちょっと面白くないかもしれない。
ごめんよ。



「自己成長」

これって何かね?
よく面接等である光景。

『御社の自由でオープンな社風かつ一人一人の自律性を重んじる環境でなら自己成長が図れると思いました。』

よくないよね。
自己成長の定義を考えようよ。
定義と言うと限定的に聞こえるかもしれないね。
そうじゃない。
自分の中で「自己成長」とは具体的に何なのか、ということをはっきりさせたいだけなの。
そもそも自律性なんかあって当たり前のレベルだよ。
それをさらに伸ばしたいというのなら
そんなのどこの会社でもどんな環境でも可能な話だよ。
それなのに我が物顔で
「自律!自己成長!!」
とか言っちゃうのは少し違うと思うんだ。

僕の中における自己成長とは、簡単に言うと「刺激」だね。
思わず武者震いしちゃうような
思わず反骨心抱いちゃうような
人間の本質である喜怒哀楽を「これでもか」っていうくらいに掻き乱しちゃうような
そんなアイツだよ。
僕はこれまでも周囲から刺激を受けて自分の尻を叩き、時には涙し、時にはふくれっ面し、また時には自問自答しながら生きてきたんだ。
だから僕は
より刺激のある環境なり世界に魅力を感じるんだ。
今、僕はたくさんの企業の、そのそれぞれが持つ刺激っくすな部分を覗き見してる最中なんだけども。
けど、正直思わずうなっちゃう程の刺激っくすを感じる企業さん、業界さんは数少ないよ。
それなりに年数を重ねれば自分じゃなくてもできちゃうような仕事に就くのは本意ではない。
与えられた環境の中で「自分なり」に活動することで得る幸せなり達成感っていうものには限度があると思うの。
「刺激」を「はっちゃける」という形で表せる、いや、表したいの。
はっちゃけるというのは
環境なんか関係ない。
見てくれなんて関係ない。
それでも
成果は残す。
それが
一歩上の
ちょっとスマートな
はっちゃける、だと考えます。


そんなのは難しいのかな?
こんなこと言い出したら就職なんてできないかな?
だから
こんなことを求めていちゃいけないのかな?
それでも
求めたい自分がいるのも事実なんだよ。
[PR]
by rrrrryooooo0727 | 2006-04-25 22:59 | 就職活動
書きまっせ、今日は。
夜遅いけどそんなんはお構いなし。
書きてーから書くんだ。



僕は言いたい。

就職活動ってのはなんなんだ?と。
就職活動ってのは人から評価されるもんなのかい?と。
就職活動で人生決まるのかい?と。

ネガティブで第三者から安心を得ようとしたり
他人を蹴落とそうとしたり
情報に惑わされたり

そんな輩を見てるとアホらしくなる。
「自分は自分」と割り切れればいいのだろうが
あいにく僕はそんな高度な技は持ち合わせていない。
そんなやつらに混じって就活してる自分まで嫌になる。

シューカツに振り回されてる。
ありえない。
アリエナイ。
あなたの人生はシューカツで決まるのですか?
そんな面白くない人生なんですか?

そんなやつらばっかだから世の中おもしろくなんねーんだ。
専ら話題は就活のことばっか。

「私は次、二次面接です!」
「最終面接の通知きました!」

そんな情報いらないよ。
イラナイイラナイ。
だから何?評価してほしいの?

「落ちちゃいましたぁ…」

うん。だから何?
見ず知らずのバーチャルなお友達に慰めてほしいの?


基本的に人生で困難を経験したことがないやつは弱ぇんだ。
中途半端に生きてきたやつは弱ぇんだ。
だから今になって必死になってるんだ。
そーゆうやつはおもしろくねーんだ。
強い人間は自分をしっかり持ってんだ。
そーゆうやつはおもしれーんだ。
こんなことを言ってしまう僕も強くはない。
けど、そんなやつらよりは弱くもない。



かなり毒吐きました。
吐かずにはいられないほどストレス溜まってたわけ。
もう見て見ぬふりできなかったわけ。


「人間弱い部分があるから美しい」

ごもっとも。
けど、
弱いとこ見せられすぎると醜いだけなんだよ、と。
相手を不快にさせるだけなんだよ、と。
結局は自分次第なんだよ、と。
もっと強くなろうよ、と。


僕は言いたい。
[PR]
by rrrrryooooo0727 | 2006-04-07 02:28 | 就職活動
今日ね
面接があったの。
けど
行かなかったの。
僕って
ホントだめなやつだよね。
てへへ。

家の前の桜が満開ですよ。
今日は4月1日ですよ。
嘘のつきすぎに注意してくださいね。

今日から13日まで毎日面接か筆記があるの。
僕の集中力は間違いなくもたないね。


ごきげんよう。
[PR]
by rrrrryooooo0727 | 2006-04-01 16:47 | 就職活動
e0062156_4291265.jpg


この笑顔。
言うことなし。
かぶりもの。
若干すべった気がせんでもない。
[PR]
by rrrrryooooo0727 | 2006-03-12 04:30 | 就職活動
就職活動ってかなりのストレッサー。
おかげでイライラもするし、ぶっちゃけ不安になるときもあります。
けど、それは必ず付いてくるものであって解消されるわけではない。
いわば思春期の悩みみたいなもの。
結局のところ上手く付き合っていくしかないと思う。
もう惑わされるのはやめた。

とは言っても、これからもイライラしたり不安になったりすることも当然多々あると思う。
けど、それも自分自身の成長のため。
そう思えば何とか乗り越えられるのではないだろうか。

悩んだりするのは必要やけど、悩みすぎるのはらしくない!
悩んだときはE研究室に行ってくだらなくもタメになる話でもしに行こう。


あと、やっぱ自分は人が好きである。
仕事を選ぶ上でこの考えはどこを考えようが変わりない。
根幹はこれだ。
まだまだ不確かなものだが、最近そういう考えが強くなりつつある。


おそらく。
特別な意味はないが(ないこともないが)、久々に深く考えず行動する機会が増えてくると思う。
意味は後付け。
好きな食べ物はお茶漬け。

寝てやろう。
[PR]
by rrrrryooooo0727 | 2006-02-17 04:15 | 就職活動
自分のことを心の底から好きになるって・・・意外とかなり難しいね。
[PR]
by rrrrryooooo0727 | 2006-01-22 02:08 | 就職活動
今日は大学の友達と池袋に行ってきた。
横浜に出てきてもう3年目になるが、池袋の地に足を踏み入れたのは初めてだった。
池袋なんて普段行く機会がないし、行ってもせいぜい新宿。(惜しいとこまで行ってる?w)
だから池袋という地は自分にとって完全にイメージの世界。
池袋・・・。かの有名な『池袋ウエスト・ゲートパーク』の聖地ですよ。
自分の中ではそのイメージが強かった・・・と言うか、そのイメージしかなかったから、

「いやー、やっぱ黒とか黄色の服着たギャングの集団がたくさんいるのかなー♪」

なんて、実際ホントにそうだったら嫌な光景を期待(?)しつつ駅を降りた。
そしたらさすがに黒黄ギャングの集団はいなかったけど、代わりの集団はうようよいましたよ。
土曜なのにも関わらずスーツの集団!そして自分らもスーツ・・・。


そーなんです。ここからが本題。
今日池袋に赴いた目的は“就職セミナー”。
もう何回目かな・・・?何気に結構行ってる。やりたい仕事、興味のある仕事ってのはもういくつかに絞ってるけど、それ以外の企業の話を聞くことも嫌いじゃない。むしろ勉強になる。
あとでする話とつながるけど、そこから新たに興味のある仕事を見つけられれば自分の可能性ももっと広がっていくわけで・・・。
志望業界を絞るってのはごく当然のことであって、それ以外、+αの部分を持てることっていうのもすごく大切だと個人的に感じる。(これが2月、3月ってなってくると時期的にもそういうことはなかなか難しくなってくると思うし・・・。)

前置きが長くなったけど、今日は大手広告代理店・電通の社員の方の話を聞いた。(その社員の方の顔が谷さんに似てて不思議と好感を持てた。身内話で申し訳ないです。)
まぁ、さすがに超人気企業とだけあって、そのセミナーの整理券を求めて長蛇の列・・・。
そんな中さすがのオレらは早々と整理券を確保したわけだけどもww

わずか50分少々の話ではあったが、興味深い話も十分聞けた。
その中の一つ。(電通を考えているみなさん、要チェックですよ!?)

―否定からは何も生まれない―

クライアントからの無理難題な条件提示に
「これは無理ですねぇ・・・。」
と答えたならばどうなるか。それはこうなります。
上司からボロクソに言われる。
人々が普通、「これは無理だろぉ・・・」と思うことをやってのける。
それが電通であり、電通が業界でトップでいられる要因の一つでもあるように思う。

例えば、前述した様々な企業の話を聞くという話。
その企業、業界にはそんなに興味がないから話なんか聞かなくてもいいや―
となると、自分の可能性を自ら摘んでいることになるよね。
そこに何でもいいからほんのちょっとの興味、ほんのちょっとの可能性を感じることが後々、ターニング・ポイントに成り得ることだってある。

普段の生活からもそのような考えを持つことは大切だと思うけど、実際問題なかなか難しいところもあるよね。

「いやー、この牛乳、賞味期限1年過ぎてんなぁ。捨てるかなー・・・いや、待てよ?1年という期間が牛乳の新たなる可能性(味)を見出しているかもしれない。否定からは何も生まれない!よし、飲んでみよう!!」

なーんてクソバカ、深い人間がいても困る。(かなり大袈裟な話ね。)
こういうことじゃなくても、日常生活全てにおいて前記のような考えで過ごしていると世の中は哲学者ばっかになってしまう。

だからこそ、“じゃあ、仕事では”というのがある。
かなり極論じみてしまうが、「否定からは何も生まれない」という言葉は、どんな仕事にも言えると思う。
たいていの人がいずれは手に職を持つ。
いわばその種のプロになる。
プロである以上、甘えや諦めは許されない。
プロ意識(仕事意識)が高い人は、他人からどうこう言われなくてもそういうことが頭の中に無意識のモノとしてあるんだと思う。
そんな人間がオレの憧れであり目標でもある。壁は高いけどね。
[PR]
by rrrrryooooo0727 | 2005-12-11 02:08 | 就職活動
昨日、所信表明したばっかなのに既に自分の弱さが表に見え始めている感じがする。。
オレは大学で何に打ち込んだのだろうか。
部活も1年途中で辞めてしまった。

「大学でくすぶったこの思いを社会に出てぶつける」

ということは常に考えていたが、そのための準備は何ができていただろうか。
・・・アルバイト?
確かにかなり社会勉強にはなっているが、そんなのは学生じゃなくてもできる。
何をやった?何が誇れる?
不安で不安で仕方がない。
こういうことを考えだすとなおさらだ。

「やっぱり体育会のほうが就職に強いのか?」

なんて、考えたくもないことが頭をよぎる。
完璧なる弱気。
過ぎたことをどうこう言ってもそれはあとの祭り。
ならば今の状況で自分がどう頑張れるか考えるしかない。
難しいことだとは思う。
が、やるしかない。
悩む前にやれ!!!らしくない!

弱い自分に打ち勝てるか。それが年内最後の大勝負。

この壁越えたらまた大きくなれんのかなぁ・・・。

とりあえず就活を経験した人の話聞こう。
[PR]
by rrrrryooooo0727 | 2005-12-08 02:15 | 就職活動
最近、ちょくちょく就職セミナーに行く機会があります。
今は業界問わずいろんな企業の話を聞いてるけど、会社は違えど求める人材像はどこも一緒やね。

「人間性豊かな人」

まったくもって抽象的です。
抽象的にならざるを得ないのかな?
「人間性」って言葉に確たる定義があるわけでもないし。
ホントいろんな在り方があるんやと思う。

企業側はいろんな人間性をもった人を求めてるんだと思うこともある。
だから、まずは自分の長所を知ること。
そこを伸ばすこと。
自分の短所を把握すること。

就活が始まるからといって、急に自分の人間性を変えられるわけでもない。
もちろんそんなのは無理な話であって、そんな虚偽はすぐに見破られるしボロがでる。

就職活動というものは、今までの自分のすべてを審査される機会である。
評価してくれるところもあれば、自分というモノを全否定される時もある。
(もちろん会社のニーズに沿っているかということも考慮せないかんけどね。)

壁は高い。
本格的に社会に出る準備はできているか。
甘い考えを持ってないか。
甘い考えでうまくいくほど自分の器は大きいのか。
自惚れと自信は違う。
それは常に肝に命じておかなければならない。

いかに自分に自信をもつことができて、いかに困難にも屈しない気持ちをもつことができるか。
かっこよく言えば、自分が試される時である。
荒波にもまれても荒波に呑まれることはないように頑張りたい。



・・・ん?
何かの所信表明みたいになったねw
まぁ、年も年やしどうしても進路というものに対して意識がいく時期であります。
みんなも進路のことで悩むことあるやろうし。。
弱気になることもあるやろうけど、自分の価値が低いわけではない!自分だけが悩んでんじゃない!友達がおるやん!楽しくがんばっていこうぜってことです゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚
[PR]
by rrrrryooooo0727 | 2005-12-07 02:11 | 就職活動
←menu