2006年 08月 01日 ( 1 )

7月最後の日。
僕はすっごいアクティブだった。別にそんなにアクティブではないかもしれないが、今の僕の疲労状態を考えるとアクティブだった、と言わざるを得ないだろう。
朝、暑さに目を覚ましカーテンを開けるとお日様が僕を待っていた。
当然、いつものように大学の野音へ日光浴をしに行く。
3時間くらい音楽を聴きながら、たまに腕立てをしながらスローライフを楽しむ。
そこからなんやかんや時間は過ぎ、夜はフットサル。
これがきつかった。きっつい。きっちゅいの。
そんなわけで疲労困憊。


そんな中でも僕はブログを書く。

この前、大学の友達が福岡に行ってきた。
お土産は当然、うまかっちゃんをチョイス。ちょいすないす。ないすちょいす。
このうまかっちゃんはこっちの下手なとんこつラーメン屋のものよりはるかに美味い。
インスタントながらその味は、僕の23年間の味覚の基礎を形成してると言っても過言ではない。

そこで思うこと。
こっちのラーメンは本当に食べる気がしない。
何も、しょう油やミソや塩がいけてないと言うわけではない。僕は23年間、「ラーメン=とんこつ」という世界で生きてきたため、それらのものに面識がほとんどなく、好きでもないし嫌いでもないという感じなのだ。よーん。
要は、こっちのとんこつラーメンが食えたもんじゃないのである。
だからたまーに美味しいとんこつラーメン屋を見つけるとすっごい嬉しい。そこにしか行かなくなる。
けど、そこでも悲しい事態に直面する事となる。
博多ラーメン屋さんなのに、しょう油とんこつラーメンなんかが売られてやがる。それを注文するやつがいやがる。
もうね、すっごい喉の奥がしゃわしゃわーってなる。
別にいーんだ。いーんだよ。ぐり…いーんだよ。
こっちの人の好みに合わせてしょう油ミックスさせるのは、それも一つの手だからいいんだ。
ただ、それが主流になってるっぽいのが悲しい。切ない。
その味に慣れてるから、わざわざ博多で本場のラーメン食ってるのにも関わらず、「いつも食べてるほうが美味しいかも」とか言っちゃう人も出ちゃう始末。
もうね、すっごい悲しい。良くない。
とんこつラーメンの良さをこっちの人にも伝えるためにミックスさせてんのに、ミックスさせた方が良いって言われちゃうと、それこそ本末転倒ってやつだよね。

僕はとんこつラーメンの良さをたくさんの人に伝えていく。つもり。


あと2週間もすりゃー食える。食することができる。例のやつを食す。
400円だよ。すっげー安い。それですっげー美味い。
今度誰か僕と一緒にそれを食食しに行こうよ。
絶対に損はさせない。よ。
[PR]
by rrrrryooooo0727 | 2006-08-01 00:09
←menu